Videography

ビデオグラフィ

【第181回放送 1/4】ゆかた茶会 with SDGs(四日市市)

四日市の遠州流茶道 撫子会が主催する「ゆかた茶会」。今年は、2015年に国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の要素を加え開催されました。ワ...
続きを読む

【第172回放送 1/4】萩村製茶(四日市市)

伊勢国で古くから産出された日本茶。 とくに水沢地区では、鈴鹿山脈の麓でよく雨が降り、近くの内部川は伏流水から流れでます。土壌も水はけがよく、お茶づく...
続きを読む

国体・障害者スポーツ大会推進局(津市)

三重とこわか国体・とこわか大会が、2021年秋、三重県で開催されます。国内最大のスポーツの祭典と言われ、全国からトップ選手が集結します。津市では県内最...
続きを読む

田口新田の元服式(菰野町)

現行の成人式の由来になっている元服式。田口新田の元服式は、菰野町田口新田区にある神明社で行われる伝統行事です。奈良時代から続く15歳以上男子の大人を...
続きを読む

明和観光商社(明和町)

明和観光商社は、2019年観光庁の日本版DMO候補法人に登録された一般社団法人です。明和町を訪れる観光客のニーズに合った事業を展開し、地域のマネジメントを...
続きを読む

四日市市総合体育館(四日市市)

昨年5月にリニューアルした四日市市総合体育館。 2021年9月開催予定の三重とこわか国体・とこわか大会に合わせた改装で、一般利用の皆さんが気軽にスポーツを...
続きを読む

渋澤健氏講演 -「論語と算盤」で未来を拓く-【伝七邸ESD-SDGsスクール】

伝七邸で定期的に行われているESD-SDGs スクールが、昨年12月2日に開催されました。 コモンズ投信 渋澤健氏が「『論語と算盤』で未来を拓く」と題して講演。...
続きを読む

田光のシデコブシ(菰野町)

シデコブシ。「生きている化石」とも称される貴重な植物で、愛知・岐阜・三重を中心に生息しています。 田光のシデコブシ及び湿地植物群落は2005年に国指定天...
続きを読む

四日市コンビナート夜景クルーズ(四日市市)

日本の5大工場夜景に数えられる四日市コンビナート夜景。2010年7月から今年で11年目になる夜景クルーズは、海から工場夜景が楽しめるプログラムです。その美...
続きを読む

GINGA PORT 401(四日市市)

1億4千万個という世界最多の星の数を有する、四日市市立博物館のプラネタリウムGINGA PORT 401。宇宙の暗黒や星の固有色も完全に再現されており、立体的な音...
続きを読む

川喜田半泥子(津市)

「近代陶芸の父」川喜田半泥子。もともとはビジネスマンとして、経済界で活躍し、若干25歳で百五銀行取締に就任しました。また議員としても活躍し地方貢献に...
続きを読む

斎宮歴史博物館(明和町)

国指定史跡斎宮跡の一角にある県立博物館。斎宮の歴史を紹介するために伊勢神宮に仕えた未婚の皇女・斎王の役割や、当時の斎宮の様子を資料や模型、映像で紹...
続きを読む

津市森林セラピー基地(津市)

2008年に東海地方初の「森林セラピー基地」に認定された津市美杉町。森林セラピーは、医学的な証拠に裏付けされた森林浴効果のことで、森や川・滝などの自然...
続きを読む

醉月陶苑の急須(四日市市)

四日市が誇る伝統工芸「四日市萬古焼」。醉月陶苑は、三代目陶主の清水醉月氏をはじめとするご家族で約300年の歴史と伝統を守り続けています。地元の粘土を使...
続きを読む

書道家 松岡麗泉(菰野町)

1988年瑞雲展瑞雲書道会賞、1990年書芸連展特別大賞、1991年東書芸展東書芸賞など、数々の受賞歴を誇る行書、隷書体を得意とする書家。線質にこだわり雅趣作...
続きを読む

伊勢志摩エバーグレイズ(志摩市)

手ぶらで安心安全なキャンプが楽しめるアウトドアスタイル「グランピング」。1994年からアメリカの大手キャンプ場チェーンからノウハウを取り入れ、伊勢志摩...
続きを読む

津市久居アルスプラザ(津市)

2020年10月1日にグランドオープンした津市のカルチャー拠点。720席を有する「ときの風ホール」をはじめ、展示会や小規模の演劇・コンサートなどが開催できる...
続きを読む

eisuグループ(津市)

次世代リーダーの育成を目指す小中高校生の進学指導塾。東進衛星予備校のオンライン授業を導入し、中1から高3、大学レベルの多彩な映像授業を提供。先進のシ...
続きを読む

菰野陶芸村(菰野町)

薪の窯を使う故伊藤圭氏が、陶房から出る煙が近隣住民の迷惑にならない環境を求め「圭峰窯」を構えたのがはじまり。伊藤氏に賛同する作陶家や萬古焼などの芸...
続きを読む

松阪もめん ゆうづる会(松阪市)

江戸時代、粋な縞柄で江戸っ子を虜にした「松阪もめん」。郷土の文化財としてその技術を守り、ブランドとして育てています。天然藍の先染め糸を使って織り成...
続きを読む