Videography

ビデオグラフィ

書道家 松岡麗泉(菰野町)

1988年瑞雲展瑞雲書道会賞、1990年書芸連展特別大賞、1991年東書芸展東書芸賞など、数々の受賞歴を誇る行書、隷書体を得意とする書家。線質にこだわり雅趣作...
続きを読む

伊勢志摩エバーグレイズ(志摩市)

手ぶらで安心安全なキャンプが楽しめるアウトドアスタイル「グランピング」。1994年からアメリカの大手キャンプ場チェーンからノウハウを取り入れ、伊勢志摩...
続きを読む

津市久居アルスプラザ(津市)

2020年10月1日にグランドオープンした津市のカルチャー拠点。720席を有する「ときの風ホール」をはじめ、展示会や小規模の演劇・コンサートなどが開催できる...
続きを読む

eisuグループ(津市)

次世代リーダーの育成を目指す小中高校生の進学指導塾。東進衛星予備校のオンライン授業を導入し、中1から高3、大学レベルの多彩な映像授業を提供。先進のシ...
続きを読む

菰野陶芸村(菰野町)

薪の窯を使う故伊藤圭氏が、陶房から出る煙が近隣住民の迷惑にならない環境を求め「圭峰窯」を構えたのがはじまり。伊藤氏に賛同する作陶家や萬古焼などの芸...
続きを読む

松阪もめん ゆうづる会(松阪市)

江戸時代、粋な縞柄で江戸っ子を虜にした「松阪もめん」。郷土の文化財としてその技術を守り、ブランドとして育てています。天然藍の先染め糸を使って織り成...
続きを読む

岩田商店(いなべ市)

アート・ミュージック・パフォーマンスなど、様々なクリエイトされたものをより身近に体感できるスペース。訪れた人が自由に想像を膨らませ、展示作品とじっ...
続きを読む

光風窯(四日市市)

金彩を大胆に施したド派手な萬古焼の食器。オリジナリティあふれる作品でひときわ異彩を放つ陶芸作家 熊本栄司さん。若くして『陶芸ビエンナーレ』グランプリ...
続きを読む

みえこどもの城(松阪市)

緑豊かな松阪市中部台公園にある大型児童館。県内最大級直径22mのドームシアターや高さ7mのクライミングウォール、フランス生まれのおもちゃ「カプラ」で遊べ...
続きを読む

指勘建具工芸(菰野町)

古く室町時代に書院造りと共に発展したとされる伝統技法「組子」。窓や障子などの建具や欄間の格子に施される釘を使わずに木を組み付ける技術は、寺社や料亭...
続きを読む

海女小屋 はちまんかまど(鳥羽市)

ベテラン海女さんの楽しいおしゃべりと獲れたての新鮮魚介。海女小屋でいただく手焼きのアワビやカキ・サザエ・伊勢エビのおいしさは格別。その始まりは外国...
続きを読む

フレイトレシピ | にぎわいの森(いなべ市)

「令和」の幕明けと共に生まれた、いなべ市の新庁舎に隣接するまちづくりの拠点。知名度の高い飲食店・物販店・農業法人と連携し、都会の人を魅了する商業施...
続きを読む

津ぎょうざ(津市)

学校給食から生まれた直径15㎝の揚げ餃子。「B1グランプリ2019明石」でゴールドグランプリを獲得した津市のご当地グルメは、今なお給食の人気メニューであり...
続きを読む

御在所ロープウエイ(菰野町)

四季折々、異なる表情と魅力が楽しめる菰野町の代表的な観光スポット。御在所岳麓にある標高400mの湯の山温泉から標高1212mの山頂まで、ロープウェイに乗って...
続きを読む

伊勢型紙(鈴鹿市)

伊勢型紙は、友禅、小紋などの柄や模様を着物や浴衣の生地に染めるためのもの。和紙を加工した紙に彫刻刀で丹念に彫り抜く高度な技術が認められ、200以上ある...
続きを読む

東海道桑名宿(桑名市)

東海道五十三次42番目の宿場町。徳川四天王の本多家のほか、各松平家の大名が藩主を務めた桑名藩の城下町であり、東海道の旅籠屋敷では宮宿に次ぐ2番目を誇る...
続きを読む

ばんこの里会館(四日市市)

四日市の地場産品「四日市萬古焼(ばんこやき)」。国の伝統工芸品に指定される伝統的なやきものを「見て」「知って」「作って」「楽しめる」施設です。 萬古...
続きを読む

四日市事務機センター(四日市市)

明るく開放的な本社。そこはさながら、快適さと機能性を追求したオフィスのショールームでした。四日市事務機センターは、事務機器の販売や保守メンテだけで...
続きを読む

菰野横山邸園(菰野町)

文化の香り溢れる菰野町の新名所。昭和を代表する作庭家重森三玲氏が手掛けた石庭と表千家吉田紹敬宗匠が設計した茶室「尽日庵」。敷地内には江戸後期に建て...
続きを読む

六華苑(桑名市)

二代目諸戸清六の邸宅として大正2年(1913年)に建てられた、国の重要文化財でもある明治・大正期を代表する建造物。 鹿鳴館を設計したイギリス人建築家ジョ...
続きを読む