Videography

ビデオグラフィ

【第9回放送 4/4】環境文化交流会議 大野照文氏 講演 前編


伝七邸では三重大学地域ECOシステム研究センター協力のもと、ESD(=持続可能な開発のための教育)スクール「環境文化交流会議」と題し、「次世代教育」として、世界に誇る次世代を生み出すことを目標に、著名な有識者を講師にお招きし、定期的に開催しています。
2月10日に行われた、三重県総合博物館館長 大野照文氏講師による、「地域をきわめて世界とつながる-三重モデルの提唱に向けて」と題してお話いただいた講演の前編をお届けします。

豊かな自然、文化、歴史をもつ三重では、とりわけ幕末から明治にかけて、グローバルな視点で情報を集め、地域の発展のためになにをすべきかを的確に考え、実践するすぐれた先人たちが輩出しました。
明治150年の節目の年に、先人の知恵に学び、地域と世界の望ましい関係の在りかたについて、三重モデルを構築し世界に発信することはできないでしょうか。

▼三重県総合博物館
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/

※和食レストラン「和神楽」のフロアで開催された会合の撮影につき、若干の雑音があります。